家庭学習のツボ 低学年版

2017-08-23

低学年の家庭学習

小学校に入学し、まだ慣れていないことが多い低学年。新しい友達がたくさんできて、毎日遊びまわっているのではないでしょうか。しかし、低学年の時に家庭学習の習慣をつけておくことは子どもの学習能力に大きく影響を与えます。

習慣づけのために、親のサポートが必要

低学年は、まだ一人で勉強したり、家庭学習のルールを決めたりするのは難しいもの。家庭学習の習慣をつけるためには、親の関わりが必要です。子どもの気持ちを聞きながら、一緒に学習内容ややり方などを決めましょう。学習机やダイニングテーブルなど、「勉強する場所」を決める、勉強タイムはテレビを消すなど、環境を整えるのも親の役目です。また、「やったね」「できたね」と頑張ったことやよいところをほめると、子どもは素直に喜び、やる気に火がつきます。低学年の家庭学習時間の目安は1年生で10分、2年生で20分ですから、短い時間と割り切って、親はできるだけ子どもの勉強につきあい、頑張りをほめましょう。そのほか、「早寝早起き」「朝食をしっかりとる」「正しい姿勢で座る」など、基本的な生活習慣を整えることも大切です。

 

低学年の家庭学習、ココに気をつけたい!

①子どもの学習に関心を持ちましょう

子どものやる気を引き出すには、まず親が子どもの学習に関心を示すことが大切です。子どもの教科書やノートを見て、「今日の算数はどんな勉強をしたの?」と子どもに聞けば、授業の内容や進み具合を把握でき、子どもとのコミュニケーションも図れます。

②家庭学習の習慣をつける

低学年のうちに、毎日決まった時間に勉強する習慣を身につけたいもの。一日の流れや子どもの生活リズムを考えて、「勉強タイム」を設定しましょう。最後に、明日の準備をさせることで、「勉強タイム」の締めくくりにもなります。習い事やお出かけなどで家庭学習ができないときは、時間の空いている日や休日などにまわす工夫をしましょう。

③教科書の内容を中心に基礎学習をする

教科書の内容に沿って、音読・漢字・計算ドリルなど基礎学習をすることが大切。書くこと、読むことに慣れてきたら、日記・読書もおすすめです。

④学習環境を整えましょう

勉強タイムはテレビを消す、おやつを食べない、学習机やテーブルの上にゲームやおもちゃなど気が散るものを出さないなど、学習に集中できる環境を整えましょう。また、教科書やノートをしまう場所を決める、学校からのプリントを親に渡すなど、ルールを決めておくことも大切です。

⑤認めて、ほめて、自信をつける

「字が丁寧に書けたね」「最後まで計算できたね」とささやかなことでも頑張ったことを見つけてほめましょう。さらに、「よく頑張ったね」「明日の授業の音読が楽しみだね」と励ましの言葉をかけると、子どものやる気がアップし、学習に前向きに取り組めるようになります。

 

…といろいろ言いましたが、最も長く子どもと生活を共にする親が子どもの性格を理解し、家庭学習を最大限にサポートしてあげましょう!

Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.