おやこ寄席CD

小学生教材

学習教材のウィング小学生教材絵本・CD>おやこ寄席CD

おやこ寄席CD

写真

このCDは子どもたちの笑い声が主役です。
庶民の喜怒哀楽を300年もかけて織り上げた芸能「落語」には、現代人が忘れかけている生きる知恵や愛情、明るさやおおらかな心、ユーモアや包容力、ものごとのよい面を捉えるプラス思考に満ちあふれています。子どもたちに、そんな落語の面白さを伝えたいと、桂文我が編み出した「おやこ寄席」の模様を、ライブで収録した待望の落語CD集。
■各巻平均57分
   
すごい落語は、子どもの目の光が、それを決める。おもしろい落語は、子どもの体のスイングがそれを証す。桂文我さんの落語をきいて、魂の躍動を知った子は、集中力とか、ものごとに熱中するすばらしさを身につけることだろう。笑いというものの素敵さと、いのちのいとしさを、ずんずん、ずんずん感じる子に育つだろう。
児童文学者 灰谷健次郎
四代目 桂文我プロフィール
1960年三重県生まれ。小学生の時に落語の魅力にとりつかれて噺家になろうと決心。高校卒業後、二代目桂枝雀に入門。95年四代目桂文我を襲名。92年から「おやこ寄席」をはじめ、全国50ヵ所以上に「桂文我の会」を持ち、年間300回もの高座をつとめる。

 

おやこ寄席ライブCD
  【1~5巻セット】
  まんじゅうこわい
まんじゅうをこわがる人がいるんですって。でも、この人は、もっとこわいものがあるようです。
大安売り
あまり強くない,おすもうさん。名前は「大安売り」といいます。どうして,そんな名前になったのかな?
だいみゃく
お医者さんのたまごが,病気の娘さんを,はりきってお見舞いに。でも,どこかトンチンカン……
たぬきのサイコロ
たぬきが,サイコロに化けて,大かつやく。人間と生き物は,むかしから仲良しだったようです。
ろくろっくび
「ろくろっくび」を知っていますか?夜になると,くびがスゥーッと,のびるんだって。あア,こわい!
とまがしま
怪獣のいる島があったら,行ってみたい。でも,怪獣におそわれたら,どうしよう。だれか,助けてくれるかな。
どうぐ屋
ひろってきたノコギリ・穴があいた花びん・くびのぬけるおひなさまーこんな品物が売れるでしょうか。
しし買い
いのししの肉は,とてもおいしいですよ。味噌でたいて食べると,からだがホコホコとあたたまります。
んまわし
「しりとり」は,楽しいですね。でも,もっとおもしろいことば遊びもあるのです。みんなも,やってみたら?
てんぐの酒もり
てんぐは,絵でみると,顔がまっ赤で,鼻がグゥーンと高いです。むかし,山に住んでいたというけど,本当かな?
たいらばやし
漢字をたくさん知っていると,便利ですよ。「たいらばやし」は,「平林」と書きますが,いろいろな読み方があります。
時うどん
落語家は,口に何も入れていないのに,うどんを食べているような音を出します。わァ,おいしそう!
サギとり
鳥を,たくさんつかまえて,売ろうとした人がいました。アイデアは,とてもおもしろかったのですが……
おやこ酒
子どもは,お酒を飲んではいけません。大人も,お酒を飲みすぎてはいけません。
どうぎり
おさむらいが,刀でズバーッと……さァ,どうなったのでしょうか。信じられないことがおこりました!

 

 

 
  • ニックネーム:ちう様
    レビュータイトル:本当に、子供対象の寄席だった

    聞いてびっくり、本当に子供たちを前にしたライブ収録でした。可愛い笑い声や場の雰囲気がリアルに伝わってきて面白いです。お話も、古典的なタイトルをそのままやるのかと思っていたら、かなりアレンジしてあるので最後まで興味しんしんで聞いてしまいました。

    評価: おすすめ度: 4
 
 

 

TW01 おやこ寄席 ライブCD
1~5巻セット
(税込価格)10,500
(本体価格)10,000

 

おやこ寄席1~5巻セット ご購入はこちらから

 

【6~10巻セット】
つる
つるは千年,かめは万年と言われ,おめでたいものとして大事にされています。首の長い鳥が,なぜ「つる」と呼ばれるようになったのでしょうか?
はつてんじん
天神様のお祭りは,たくさんお店が並んで,にぎやかで楽しいですね。大人も子どもも,みんなでお参りにいきます。1月25日の初天神,さァ,何がおこるのでしょうか?
えんようはく
自己紹介(じこしょうかい)をするとき皆さんは何と言いますか?このお話には,昔のあいさつの言葉が,たくさん出てきます。なにを言っているのかわかるかな?
皿やしき
夏は,すずしくなるようにみんなが集まって,こわい話をします。きもだめしは,こわくないぞっ!!と競い合うんですよ。
ぶすけ馬
日本に昔からあるおしばい,『歌舞伎』のおはなし。「ぶすけ」というひとが,とんでもない失敗をしてしまう,笑いをこらえるのがたいへんなくらい,おもしろいお話です。
うなぎ屋
夏は,暑さに負けないように,うなぎを食べる習慣があります。ニュルニュルしたうなぎ。さァ,うなぎ屋さんは,どうやって料理をするのでしょうか?
七度ぎつね
きつねやたぬきはよく人を化かすと言われています。きつねに化かされないように,気をつけて聞いてください。
八五郎ぼうず
落語家さんや芸能人のように,お寺のおぼうさんも別の名前があるのですよ。このお話のおぼうさん,どんな名前になったでしょう。
もと犬
犬が人間になりたいと,毎日おいのりをしていました。すると,神様が人間にしてくれました。犬が人間になったら,さァ,どんなことになるでしょうか?
犬の目
目のかたちは,人によってずいぶんちがいます。丸い目,細長い目,つりあがった目,猫のような目。もし,人の目玉が犬の目玉と入れかえられたらどうなるでしょう。
くしゃみこうしゃく
くしゃみにも,いろいろなしかたがあるようです。この落語で,いろいろなくしゃみをおぼえてみませんか?
牛ほめ
ひとからほめられると,うれしいものですね。でも,ほめる時はよく考えてほめなければいけないのですよ。まちがったほめ方をすると,反対におこられてしまうことがありますから,気をつけてください。
じゅげむ
パイポパイポパイポのシュウリンガン……なんだかわからないけど,聞いてるだけで楽しくて,自分でも言いたくなってしまいます。
夏の医者
江戸時代にも,お医者さんはいました。登場するお医者さんは,夏の暑い日,遠くの患者さんの家へ向う途中,おおきなへびに出会います。さて,その後は……。
花色もめん
落語にでてくるドロボウは,ドジでまぬけな失敗ばかり。ドロボウをすることは悪いことですが,笑ってゆるせるおはなしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

TW02 おやこ寄席 ライブCD
6~10巻セット
(税込価格)10,500
(本体価格)10,000
おやこ寄席6~10巻セット ご購入はこちらから

 

Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.