ピクルの冒険

幼児知育教材

学習教材のウィング幼児教材>ピクルの冒険 

ピクルの冒険

 七田式幼児教材

ピクルの冒険
「ピクルの冒険」ってなぁに? 子育ての旅 使った方からの
感謝の声
Q&A ご注文
ピクルの冒険 ピクルの冒険~CDと絵本が三位一体となった
こころを育む家庭用教材の決定版~
お母さん、疲れていませんか?それとも、頑張りすぎていませんか?
親の心がお子さまに伝わります。
母子ともに絵本の中の声に耳を傾けるだけで子どもの
心が育っていくのが『こころを育てる教材』
「マザー・ステーション・ ピクルの冒険」なのです。
前回大好評のうちに完売したこの「ピクルの冒険」が、
今回特別価格として再登場です!。
■「ピクルの冒険」ってなぁに?
ピクルの冒険~こころを育てる教材~ピクルの冒険でお子さまに夢と感動を与えてください。
母親の素晴らしさを伝えます。愛されることの充実感…。
それがお子さまと一緒になって体験する
新しい絵本の世界なのです。マザー・ステーショ「ピクルの冒険」は、CDと絵本が三位一体となったこころを育む家庭用教材の決定版です!!
■ピクルの冒険ー波動絵本
CD&波動絵本による「リアルファンタージーランド」
ピクルの冒険の3D(立体)音響CDと一緒に絵本をリアルに楽しみながら、お子さまの心を育み、
愛情に溢れた親子関係を築きます。お子さまと一緒になって楽しんでください。
CDの効果音に合わせてページをめくってあげたり、途中お子さまの質問があれば、
それに答えてあげてください。

(なるべくCDは止めずに流し続けることで、効果が増します。)

■ピクルの冒険ーCD(3部構成)
ナチュラルサウンドと波動プログラミングによる「エンゼル・ウィスパー」
ピクルの冒険のナチュラルサウンドと波動暗示「エンゼル・ウィスパー」(天使の囁き)により、
お子さまとお母さん双方の自信と潜在能力を発揮させてゆきます。
絵本を見終わった後は、お子さまを寝かせつけても、
そのまま一緒に眠られても構いません。なるべくお子さまに音が届くようにして下さい。

■ピクルの冒険ーテキスト
CD&テキスト「マザー・ワン」による「イマジネーション・マザーリング」
ピクルの冒険の自己催眠誘導CDにより子供の頃まで退行していただき、育児に疲れた心を癒し、
親としての自信を回復してゆきます。
また、テキスト『マザー・ワン』を通して広い意味での“母親”としての生き甲斐を追求していきます。

ピクルの冒険

▲このページのトップへ戻る
■子育ての旅

子育ての旅は自分探しの旅。時には地図やガイドを必要とします。

「目的地を決めたのに、なぜか違う方へ進んでしまう…」
大丈夫。自分さがしの旅で、理由を知っていきましょう。
自分の無意識の行動パターンを知れば
良い方向へ軌道修正することができるのです。

■母親との関係は、何世代にも渡って連鎖している
あなたの行動パターンはどこからきているのでしょう。人は育った環境によって、
物事のとらえ方や感じ方が違います。親にどのように育てられたかは、
人生全般に渡って大きく影響してきます。例えそれがかたよった考え方だとしても、
その人にとっては常識的な考えとして定着してしまうのです。
親は自分の行動は、愛情から出たものだと信じて疑いません。
しかしその内側を深く見ていくと、コンプレックスや満たされないもの、

またかたよった考え方であったりもするのです。
そのような親の子ども時代をふりかえると、
同じような環境に育っていることがわかっています。
母親との関係は、自分が母親になった時に同じような形であらわれます。

何世代にも渡って、連鎖しているのです。

■軌道修正のチャンス
現在何らかの問題を子育てに抱えているとしたら、それを解消して、

連鎖を断ち切ることもできるのです。
そう決心した時から、自分さがしの旅は始まります。
無意識の部分にアクセスするために専門家に相談できればいいですが、
本や自己催眠誘導CDをうまくとり入れていくのも効果が期待できます。
リラックスして、浮かんだイメージを追っていく、出てくる感情に身をまかせる…
長い間、心の奥にしまっておいた満たされなかった感情に出会うかもしれません。
「なぜこんなふうに感じるのだろう」「なぜこんな場面で怒ってしまうのだろう」
きっかけとなった経験が思い出されるかもしれません。
そうやってひとつひとつ気づいていくことで、

思考も行動もどんどん変わっていくことができるのです。

■言葉で愛を伝えても、本当に伝わるものは…
言葉と裏腹に、内面が不安でいっぱいだったら、子どもに伝わるのは不安の方です。

子どもに気分で接していたら、愛されるために顔色を伺うようになってしまうでしょう。
そんなふうに育った子どもは、環境が変わると大きなストレスを感じてしまいます。
常にまわりの人の顔色を見て、それから自分の行動を決めるので、
すぐにグラグラしてしまうのです。そういう子どもは概して「いい子」。
一方、無条件の愛を一身に受けて育った子どもは、どこへ行っても安定しています。
「あなたはだあれ?」もしそう聞かれたら、その子は自信たっぷりに答えるでしょう。
「わたしはお父さんとお母さんの子よ!」そんな大きな愛を注いでいくには、お母さん自身が

「たったひとりのかけがえのないお母さん」であることに気づく必要があるのです。

▲このページのトップへ戻る
■ピクルの冒険を使った方からの感謝の声
Sさん
子どもがピクルの冒険絵本を読んでいるときと女神さまのセリフが自分の心にひびきます。子どもにこのように接すればいいのだな~。とおだやかな気持ちになります。
Uさん
今まで心の教育は大切とは思っていましたが具体的でよい教材というものはありませんでした。
マザーステーション・ピクルの冒険を使う前は、これまで何か在ると「~のせい」と責任転嫁してにげてきましたがそんな生活に終止符をうてるようになりました。これまでの自分であれば気付きもしなかった「真理」のようなものに気付くことができました。
▲このページのトップへ戻る
■Q&A
Q:母親と子供だけにスポットを当てているようですが、父親は関係ないのでしょうか?
A:そんなことはありません。親子関係の中でも母子間の問題が乳幼児期に多く発生している事実をふまえ、特に固定的な子育てに多くの負担を強いられる母親をフォローし、母親の抱える問題を解消することで、育児・教育のみならず家庭内の、とりわけ父親(夫)との関係をも好転させることができるという事実から立脚した結果、このような家庭学習プログラムになったのです。もちろん、ピクルの冒険は育児をする父親にも当てはまる三位一体のシステムですので、父子関係の好転にも打ってつけです。 また、幼児の潜在能力を発揮させる大きな要因には母子一体感があります。母子一体感は、母親の胎内にいた時の全能感に近いもので、何でもできるという自信を持たせ、実際に何でも可能にしてしまうモチベーションであるわけです。その意味でも、幼児の全脳教育には母親の存在を抜きにして語れないものなのです。
Q:一般のCD付き絵本とどう違うのですか?
A:はい、一般のCD絵本というのは、有名な童話にクラシックなどのBGMをつけ、ナレーターが語りかけたり、母親が読み上げたりするものですから、絵本の中で描かれている世界とのギャップをお子さまは敏感に感じ取るものなのです。ですから、絵の動かない絵本よりもTVアニメに夢中になったりするのです。また、お母さんも読み上げるのに労力を使い、肝心の絵本の内容について共鳴する暇もありません。これでは親子の絆を深めるようなスキンシップは生まれません。 今回提供する「マザー・ステーション・ピクルの冒険」の『リアル・ファンタジーランド』は、この問題をすべてクリアしています。3D音響効果と豊富なキャラクターによって感情移入しやすく、魅力的な“徳育”ストーリーによって、お子さまはもちろん、お母さんの心も惹きつけてゆきます。ピクルの冒険全12話が終わる頃には、母子一体感が増し、より心と心が通じあえる親子関係へと変わっているのです
●●●七田 眞先生のメッセージ●●●
七田先生
七田チャイルドアカデミー
校長 七田 眞
心を育て個性を尊重し、その子のもつ潜在能力を
いっぱいに伸ばす本物の教育に今こそ目覚めてください!
このマザー・ステーション・ピクルの冒険は、従来の幼児だけの能力開発からさらに進んで、親子関係の改善と母親啓発に重きを置いた、これまでにない母子共々、心を通わせることのできる教材です。マザー・ステーション・ピクルの冒険は本当の意味の心の教育を促していきます。

▲このページのトップへ戻る

■ご注文

CDと絵本が三位一体となったこころを育む

家庭用教材の決定版マザー・ステーション

「ピクルの冒険」スペシャルセット 販売終了しました。

ピクルの冒険
マザー・ステーション「ピクルの冒険」スペシャルセット
K8ZM-0000-0300
波動絵本:「ピクルの冒険」12冊
CD:付属CD12枚
テキスト
・お母さん用テキスト「マザーワン」付
・「ピクルの冒険」キャラクターカード36枚
付属パペット: ピクル
標準的な使い方は、ピクルの冒険CDの流れに沿って受講されるのがよいでしょう。まず、はじめにお母さんがピクルの冒険CDの全編を聴きながら、テキストと絵本を開き、全体を把握しておくことをお勧めします。
販売終了しました。

▲このページのトップへ戻る
Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.