0歳児~1歳児

幼児知育教材

学習教材のウィング>0~1歳児

0~1歳児

脳は遺伝か環境か

皆さんはインドで発見された、狼少女カマラの話をご存知ですか? カマラは生後数ヶ月で

狼にさらわれ、その後7年間を狼に育てられました。そこで発見され、人間社会に復帰した

ものの、習性は狼そのもので、四足で狼のように歩き回り、昼は物かげにかくれていて、

夜中の決まった時間に遠吠えをした、という事です。

普通の赤ちゃんは、生後3年間に1000語に近い言葉を理解すると言われていますが、

この少女カマラは、周囲の人たちが懸命に努力しましたが、17歳で死ぬまでにわずか

45語を覚えて、やっと片言を話すようになったとの事です。

このカマラの例からも、いかに幼少期の言葉の教育や環境が重要であるか、また、

教育の時期を失うと、どんなに努力しても、それを取り返せないことなどがよくわかりますね。

「三つ子の魂百まで」

人間が誕生する頃には脳細胞は約140億個で固定されます。このうち、栄養補給の役目

のグリア細胞をのぞいた脳細胞を「ニューロン」といい、4億から5億個存在します。

ニューロンとニューロンをつなぐ連結部分を「シナプス」といいます。 シナプスは、ひとつの

ニューロンに約7千から1万個ありますが、頭を使えば使うほど、このシナプスが増えて

いくことがわかっています。”いい頭脳”とは、ニューロンから棒状突起が沢山出て、

ニューロン同士がシナプスで沢山連結しているものともいえます。

出生直後からシナプスは急速の伸び、脳細胞同士の絡み合いを作っていきます。

このネットワークの多い、少ないが人間の頭の良し悪しを決定しているといえます。

脳が急速な発達をする0歳から3歳までの間に、適切な刺激を与えれば、シナプスは

急速に伸びます。 「三つ子の魂百まで」といいますが、成人までの大脳の発達を

10とすると、そのうち6までがこの3年間に発達するのです。

やさしい語りかけ

アメリカの幼児教育研究所で、生後1年くらいの幼児に、毎日わずか15分くらい

話を聞かせてやるグループと、そうでないグループを作り、それを半年ほど続けた後に

テストしてみますと、ただそれだけのことで、毎日話しを聞かせたグループの方が、

知能が著しくのびていたという調査報告があります。

幼児は、繰り返し繰り返し同じことを聞いたり、行ったりすることが大好きです。

まわりの人の優しい語りかけによって、赤ちゃんは「音」を覚え、「ことば」を覚えていきます。

特に、お母さんの豊富な語りかけ、よい絵本の読み聞かせが、

こころに安らぎを与え、ことばの芽生えを促します。

音楽育児

世界的なバイオリニストを何人も育てられた鈴木鎮一先生は、「生まれたばかりの

赤ちゃんに、毎日美しい音楽、例えばバッハやモーツァルトの名曲を何度も聞かせると、

生後5ヶ月くらいで、メロディーを知るだけでなく、リズムも音程も音楽のセンスも、

みな身につけます。これを試すのは簡単です。毎日聞かせている曲の前に、

もう1つ別の曲をつないで、一緒に聞かせるのです。すると初めの曲のほうは、

じっと耳を傾けていますが、いつも聞いている曲に移りますと、とたんに目を輝かして、

お母さんの顔を見てニコッと笑います。知ってるよ、という表情なのです」と。

このように、幼児の頭脳は、精巧なコンピューターのように何でも記録してしまうのです。

良い音楽に満たされて育った子どもは、音楽をたのしむ心や、理解する力、

美しいもののわかる心が豊かです。さらに、名曲は自分から美しいものを表現しよう

とする美的表現力や創造力の芽を育てる力ももっています。

できるだけ早く、よい音楽を、繰り返し繰り返し聞かせてあげましょう。

脳の働きを促す、手からの刺激

赤ちゃんは手を使って考えるといわれます。まわりにあるものを、見て、触れて、

握って・・・さまざまな事柄を学び取っていきます。

手や指は「第2の脳」とか「目に見える大脳」といわれているように、

その動きと大脳の働きとの間には、密接な関係があります。

両者は相互に刺激しあって運動機能を高め、さらに大脳の発達をうながしていきます。

手先の器用な子ほど知能が高い、ということもうなずけるわけです。

「赤ちゃんが触れたくなる」おもちゃを、見える所に置いてあげたり、

直接持たせたりしてあげましょう。

英語学習には最適な時期

私たち日本人は、海に囲まれた島国でもあり、語学が不得意といわれています。

残念ながら中学校3年高校3年の計6年間学んでも、ほとんどの人が英語で

日常会話できないありさまです。

乳幼児たちは、いとも簡単に母親や父親のことばを覚えてしまいます。

私たち大人が外国語を習うのは大変ですが、乳幼児は、

日本語も外国語も区別せずに、同じことばとしてどんどん吸収し身につけていきます。

英語はなるべく0歳に近い方が覚えやすいというのは、幼児期は一生のうちで

いちばん鋭い聴覚をもち、どんな音でも発声できる柔軟な発音器官をもち、

さらに記憶力にもすぐれているからです。だから、日本語、英語を問わず、

ことばをどんどん覚えていくことができるのです。

 

0~1歳児にはこんな教材がおすすめです

絵本・CD 0歳からのバイリンガル子育て
七田式ピクルの冒険
マザーグースコレクション
マザーグース・ベストセレクション45
フォニックスであそぼう!
歌でおぼえる英会話
プーさんのえいごボード絵本6冊セット
歌でおぼえる!初めての英語レッスン
オズモフルセット
はじめてであう英語セット
英語でうたう日本の童謡1・2
ピーターラビットの冒険
CD版(2枚組)マザーグース英語のうた1
CD版(2枚組)マザーグース英語のうた2
パソコンソフト グレンドーマン赤ちゃんに算数をどう教えるか
グレンドーマンビッツの世界
ビデオ・DVD グレンドーマン赤ちゃんに読みをどう教えるか
赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか
赤ちゃんに百科事典知識をどう与えるか
ベイビーオアシスファンタイム
DVDマザーグース英語のうた
BabyIQ-0歳からのフォニックス
BabyIQ-0歳からのABC
BabyIQ-英語で覚える数とカタチ
アンパンマンえいごであそぼう
フラッシュカード フォニックスであそぼう
セット 0~1才児にお得なセット教材
Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.