箱の中の母子 星空の伝説

小学生教材

学習教材のウィング小学生教材星空の伝説~ギリシャ神話第2巻ペルセウスの冒険
>箱の中の母子

星空の伝説 第2巻「ペルセウスの冒険」

第1章「箱の中の母子」
(ペルセウス座)

アルゴスの国のアクリシオス王には、
子供がひとりしかいなかったの。
ダナエというとても美しい娘だったけれ
ど、王はどうしても跡継ぎの男の子が欲
しかったのね。
そこで予言の神アポロンのお告げを伺う
と、巫女はこう答えたの。
「王よ、この先あなたが息子を持つこと
  はないでしょう。」
がっかしりた王に、巫女はさらに不吉な
事を告げたわ。
「あなたの娘ダナエが生んだ子が、あなたを殺すでしょう。」

その神託から逃れるには、娘を殺すことしかなかったわ。
だけど王にはできなかったの。
だから王は、厚い壁と頑丈な青銅の扉で出来た高い塔を作ったの。
そして、娘のダナエをその塔に閉じ込めたわ。
誰も彼女に会えないように、見はりまで立てて。
(語りアテナ)

アクリシオスは、ダナエを一生塔の中に閉
じ込めてしまえば、彼女が結婚して子供を
産むこともないと考えたんだろうね。
でも、人間の目からは隠せても美しいダナ
エを神の目から隠し通すことなんて無理さ。
神々の王ゼウスが、塔の中の美しい王女に
心をひかれたんだ。
さっそくゼウスは黄金の雨に身を変えて、
ダナエのもとを訪れた。
やがてダナエは男の子を生み、その子にペ
ルセウスという名をつけたんだ。

彼女は赤ん坊を父親に見つからないように必死に隠していたけど、
元気な男の子の声は隠しきれなかったんだ。
アクリシオス王は怒り狂ったけど、やはり神の下す罰が怖くて、
二人を殺せなかった。結局、ダナエと赤ん坊のペルセウスを木の
箱に押し込め、海に流したんだ。(語りヘルメス)

王は、二人の入った小さな箱が、海に沈んで
しまうだろうと思っていたの。
だけど、箱は沈まずにぷかぷかと水面を漂っ
ていったわ。
箱の中では、ダナエが泣きながら腕の中のペ
ルセウスを抱きしめたの。
そして赤ん坊の父親であるゼウスに一生懸命
祈ったのよ。
「ゼウスさま。どうか私たちを海に沈めない
で下さい。」
もちろんゼウスは親子をちゃんと守ったわ。
ゼウスは風を二人のもとへ送ったの。
風は優しく箱を運び、セリポス島の海岸にそっと押し上げたわ。

そしてその箱を島の漁師が見つけたのよ。
漁師の名前はディクテュスといって、とても親切な男だったの。
箱の中から現れた美しい女性と赤ん坊に、彼はびっくりしたわ。
そして、二人の身の上にすっかり同情して、自分の家に引き取るこ
とにしたの。ようやく二人は、貧しいながらも平穏な生活を送れる
ことになったのよ。(語りアテナ)

やがてペルセウスは立派な青年となった。
けれど、平穏な生活はそう長くは続かなか
ったんだ。
親切な漁師のディクテュスには、ポリュデ
クテスという兄がいた。
ポリュデクテスは彼らが住んでいるセリポ
スの王なんだ。王は美しいダナエに恋をし
て、なんとか手にいれたいと狙っていたん
だ。だけどダナエは、残酷で思いやりのな
い王が嫌いだった。
だから結婚を申し込まれても、決して首を縦に振らなかったのさ。
それでも王は、強引に彼女を自分の館へ連れていこうとしたんだ。
けれど、その頃にはペルセウスが母親を守れるくらい強くなっていたからね。

王の望みはかなわなかった。
だけど王は、ダナエの事がどうしてもあきらめられなかった。
手に入らないと思ったら、よけいに欲しくなる奴っているよな。
だから、まず邪魔なペルセウスを、この島から追い出そうとした
んだ。ついにペルセウスの冒険が始まることになるんだよ。
(語りヘルメス)

   このお話は、CD-ROM「星空の伝説~ギリシア神話」第2巻
   に収録されています。

 

Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.