速読と右脳

能力開発教材

学習教材のウィング>速読と右脳の関係

速読と右脳との関係

右脳は左脳の100万倍の能力をもっているといわれています。

速読とは、「読む」ことではなく、文字や文章を「見る」ことなのです。

高速状態で目の前の文字を移動させることで、脳の可塑性(視覚からの刺激に順応する特性のこと)

を作動させ、追いかけるように文章内容や意味を認識する速度を向上させます。

簡単に言うと、この状態は車の運転時の感覚と同じです。

例えば一般道路を40kmで走行した後、高速道路で100kmまで速度を上げると、

最初は早く感じますが、そのうち慣れていきますね。

そして再び一般道路のおりて40kmまで速度を落とすと、

今度はやけに遅く感じるようになると思います。
この感覚と同じように、高速トレーニングを行うことで、

元の速度に戻ったときには自分の読書スピードが遅く感じられますが、

実際には理解度や感覚は劣化させずに、

今までより数倍早く読めるようになっているという現象が生じるのです。

右脳と左脳
右脳を刺激することの利点 広範囲を一度にまとめて見ることで、文字の検索能力が速くなります。眼精疲労や視力低下を引き伸ばすことに役立ちます。短期的記憶力を引き伸ばすことに役立ちますイメージする力の強化が期待できます。

 

 

 速読をマスターするには
この商品がおすすめ
元祖ジョイント式ハイパー速読術
元祖ジョイント式
ハイパー速読術
たった3分で読むスピードが倍に
目の老化、目の疲れを感じる方、
集中力、記憶力をつけたい方に
29800円(税込)

 

Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.