ペン読が知能教育に良い訳

英語教材

学習教材のウィング英語教材ペン読>ペン読が知能教育に良い訳

ペン読が知能教育に良い訳

 

ペン読 5つの特徴 ペン読が知能教育に良い訳 こんな所でも使われています
どこでも留学 遊べる英語絵本 TOEICテストのスコアアップ ペン読はこんな願いをかなえます
絵本 英語 英語雑誌 学習参考書
古典・趣味 ペンと書籍のセット Q&A ペン読ご利用のお客様の声

 

ペン読が知能教育に良い訳

ペン読は目と耳の両方から、同時に情報をインプットできる新しい学習ツールです。医学博士の古賀良彦教授(杏林大学医学部精神神経科主任教授、NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長他)は、「multisensory(視聴覚同時刺激)の観点から見れば、『ペン読』は、視覚(reading)あるいは聴覚(hearing)のいずれか一方ではなく、同時に二つの経路から情報が脳に伝達されるため、複数の五感を同時に刺激するという脳本来の情報伝達経路に近く、脳が活性化し、情報処理能力・認知能力を高める」と期待しています。

医学博士の古賀良彦教授によって、脳波の測定実験が行われました。

脳波の振り幅の例グラフ学習効果の高さは、脳波の振幅を調べることでわかります。脳波の振幅が大きいほど、脳は活性化している状態です。過去に古賀教授は、「視覚のみの学習」「聴覚のみの学習」「視覚と聴覚を使った学習」の3パターンの脳波を計測する実験を行いました。

視覚と聴覚の両方を使った学習は、脳を活性化させることが証明されました。

脳波の振り幅の比較(平均値)グラフ古賀教授の実験結果をまとめたのが、「脳波の振幅の比較(平均値)」のグラフです。ご覧いただくとわかるとおり、視覚と聴覚の両方を使った学習は、視覚のみや聴覚のみの学習にくらべて、脳波の振幅が大きいことがわかりました。
文字を見ながらその音声を聴くことのできるペン読は、正に視覚と聴覚の両方を使った学習です。ペン読の使用中は、脳が単一な学習方法より大きく活性化されると期待できます。

古賀良彦教授プロフィール

1946年、東京生まれ。医学博士。慶応義塾大学医学部卒業後、同大学の精神神経科学教室に入室。
1976年に杏林大学医学部精神神経科学教室に移り、1995年に同大学の教授に就任。NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長。
著書に「脳をリフレッシュする大人の塗り絵」(きこ書房)などがある。
「世界一受けたい授業」(日本テレビ)など、テレビへの出演も多数。

効果的に英語が学べるペン読の3ステップ学習法!

学習ツールとして各方面から期待を集めるペン読の効果的な英語学習法をご紹介します。

ステップ1 和文を見ながら英語を聴く

英語をマスターするには、文章の意味をふまえて英文を覚える必要があります。そこで、まずは和文を見ながら英語を聴き、文章の意味を理解してください。

ステップ2 英文を見ながら英語を聴く

次は英文を見ながら英語を聴いてください。文章の意味を理解しているため、英語がスムーズに頭に入ります。しっかりと発音が聴き分けられるようになるまで、繰り返しリスニングしましょう。

ステップ3 文章を見ずに英語だけ聴く

ここまでくれば、スラスラと英語が口から出てくるはずです。あとは何も見ずに話せるようになるまで何度も英語を聴いて、自分でも声に出しながら練習してみましょう。
ペン読英語商品の詳しい説明はこちら

アプライペンと書籍のセットはこちら

 

幅広a氏鞘

  • ペン読で簡単!どこでも留学
  • 遊べる英語絵本
  • TOEICテストのリスニングスコアアップ
ペン読 5つの特徴 ペン読が知能教育に良い訳 こんな所でも使われています
どこでも留学 遊べる英語絵本 TOEICテストのスコアアップ ペン読はこんな願いをかなえます
絵本 英語 英語雑誌 学習参考書
古典・趣味 ペンと書籍のセット Q&A ペン読ご利用のお客様の声
Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.