ペン読はこんなところでも使われています

英語教材

学習教材のウィング英語教材ペン読>ペン読はこんなところでも使われています

ペン読はこんなところでも使われています

ペン読 5つの特徴 ペン読が知能教育に良い訳 こんな所でも使われています
どこでも留学 遊べる英語絵本 TOEICテストのスコアアップ ペン読はこんな願いをかなえます
絵本 英語 英語雑誌 学習参考書
古典・趣味 ペンと書籍のセット Q&A ペン読ご利用のお客様の声

 

ペン読はこんな所でも使われています。

約3ヶ月で英語力が飛躍的に向上!<br /><br /><br /><br /><br />
北京オリンピックに貢献したボランティアの英語学習に効果を発揮しました。

英語で案内できるボランティアを育成するために導入されました。

2008年の8月より中国の北京を舞台に、第29回夏季オリンピックが開催されました。世界204の国と地域から、約1万人のアスリートが参加したこの大会には、中国全土で数十万人のボランティアが参加。目覚しい発展を遂げる中国の威信をかけたハイレベルなサービスを提供するボランティアの育成のため、文章にペンをタッチすることで音声が聴ける学習教材が導入されました。

オリンピック開催前の3ヶ月間で効果を発揮しました。

オリンピックの開催に際し中国政府は、英語教育に大変な力を注ぎました。こうした中でボランティアの英語力向上に大きく貢献したのが、ペン読と同じシステムを採用した学習教材です。実用的な英会話を学習する書籍や聖書を題材にした英語学習書籍などがオリンピック開催の3ヶ月前から導入され、ボランティアの英語力は飛躍的に向上。世界中から集まった方々を英語で案内できるようになり、オリンピックの成功に大きく貢献しました。

アジアを中心とするさまざまな国の英語学習教材として支持されています。

文章にペンをタッチすることで音声が聴ける製品は、2004年に台湾で開発されました。現在は台湾の教育部(日本でいう文部科学省)指定の英語学習教材としても導入されています。これにより台湾人の英語力は、アジアの中で抜きん出たものとなりました。たとえば7歳から12歳を対象とする英語テスト「YLEテスト」で台湾の児童は、英語を公用語としないアジア諸国の中では2番目に英語力が高いという結果を出しており、ペン読の英語学習に対する効果はますます注目を集めています。

ペン読英語商品の詳しい説明はこちら

アプライペンと書籍のセットはこちら

 

幅広a氏鞘

  • ペン読で簡単!どこでも留学
  • 遊べる英語絵本
  • TOEICテストのリスニングスコアアップ
ペン読 5つの特徴 ペン読が知能教育に良い訳 こんな所でも使われています
どこでも留学 遊べる英語絵本 TOEICテストのスコアアップ ペン読はこんな願いをかなえます
絵本 英語 英語雑誌 学習参考書
古典・趣味 ペンと書籍のセット Q&A ペン読ご利用のお客様の声
Copyright(c) 2012 Wing Education Center All Rights Reserved.